ほしこのブログ

元幼稚園教諭、一児の母のほしこのブログ

低置胎盤、臍帯辺縁付着、前置血管?と診断された話

f:id:star8737:20180614145010p:plain

 

私の娘は現在10か月。

一年前はまだお腹の中にいました。今となってはすごく不思議!

ここまで大きな病気をすることもなく元気に育っていてくれています。

 

ですが、妊娠中はいわゆるハイリスク妊婦でした。

 

 

 

へその緒が子宮口の近くにある?

 

それは定期検診で内診をしてもらった時の事。

次はお腹からのエコーかな?赤ちゃん大きくなってるかな?とわくわくしていたのですが、

カーテンの向こう側が妙にざわざわ。

 

「ちょっと○○先生に電話して・・・」

「紹介状の準備して・・・」

 

と、明らかに普段とは違う先生と看護師さんの会話。

 

こちらまで急にドキドキ。いったい何事!?

 

「えっとね、へその緒が子宮口の前に来ちゃってるかもしれないんだよね。

腕のいい、信頼できる先生を紹介するから、そこで診てもらってみて」

 

とのこと。

 

診断は・・・

 

 一週間後、紹介された病院で診察を受けました。

内診とエコー、とっても長い時間じっくり見て下さいました。

 

その結果、

 

胎盤が子宮口の近くにある低置胎盤である、という事。

 

さらに、へその緒が胎盤の端っこにくっついている臍帯辺縁付着であるという事を伝えられました。

 

そのせいでへその緒が子宮口の近くに来てしまっていたみたいです。

 

帝王切開かもしれない

 

今の状態で自然分娩に臨むと、赤ちゃんより先に臍帯が飛び出してしまう可能性がありました。

臍帯が先に出てしまうと、赤ちゃんの命が危険にさらされます。

その為、予定日の1ヶ月前に予定帝王切開にしますと言われていました。

 

でも、低置胎盤の場合、赤ちゃんが大きくなり子宮が膨らむことで、胎盤の位置が上がることもあり得るそうです。

 

実際、私も胎盤の位置があがり、手術予定の1か月前には自然分娩へ切り替えになりました!

 

結局、私は本来の予定日の10日前に、破水をきっかけに陣痛が来ました。

自然分娩を試みたものの、赤ちゃんの心拍が弱くなってしまい緊急帝王切開に。

赤ちゃんも最初はNICU、GCUのお世話になりましたが、先生方のおかげで退院してからはとっても元気です。

 

検索しすぎない

 

突然ハイリスク妊婦になり、周りの励ましもむなしく、気持ちが沈みました。

ネットを使って検索すると、よくない記事ばかりが目について、「そうなっちゃうのかな・・・」と悪い方にばかり考えてしまうんです。

産まれてくれるまでは安心できなくて、赤ちゃんグッズも準備する気持ちになれないくらいでした。

でも、自分と赤ちゃんのことをもっと信用してあげるべきだったなと今となると思います。

「私は大丈夫だ!」とプラスに思う事。

診て下さっている先生をしっかり信頼する事が大切だと思います。

 

いま、娘が笑って隣にいてくれるから思える事なのかもしれませんが・・・。

私の様な例もあるんだなと思って、励まされる人がひとりでもいればいいなと思います。